トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(17年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で17年間毎日書いてます(^^)。

     
 
枝里佳が帰っちまった。

皆さんこんにちは。

 

 

9月になって久しぶりに枝里佳が富山から帰省、伊藤家は4人のフルキャストが揃いまして・・、

 

 

その数日後・・、

 

 

伊藤家は殆ど外食ということをしないんだけど、春の誕生日のときお祝いできなかったからとワタシが力強く提案したことろ、意外にもスムースに安保理を通過して、珍しく外でご飯を食べることとなりました。

 

 

向かった先は自宅から歩いて5分のところにある・・・、

 

 

 

超美味焼肉店「ひでくら」

 

 

「焼肉ひでくら」の公式ホームページはこちら→☆ 

 

 

 

長女の友紀が鍋奉行ならぬ「網奉行」に自選で就任、注文のタッチパネル操作も担当してくれたかららくちん。

 

 

みんなでわしわし食べました。 

 

 

「なんで今日こんなに美味いんかな」

 

「ひでくらのお肉がいいから」

 

「家族が揃うと美味いな」

 

「揃わんでも美味しい!」

 

「なんでそんなこと力強く言うが?」 

 

 

でもワタシは上機嫌、娘たちの笑顔を見ながらハイボールをぐいぐいいって・・、

 

「パパそんなに飲んでだいじょうぶなん?」

 

「電車で来てるから」

 

「歩いて来た!」 

 

「まだ4杯しか飲んどらんもん」

 

「友紀が4杯パネル押した!パパさっきトイレ行った隙に直接頼んどった。だからいま6杯目!」 

 

「じゃ、あと2杯でがまんする」 

 

 

へろへろになって家帰った。

 

 

 

そのあとも家へ帰ると枝里佳がいて、あの娘はワタシが「ただいま」というと・・、

 

「おかえり」のあと「おとうさん」って言うから響きが心地よくて・・。 

 

 

帰るときはいつもコンビニに寄って、今日はシュークリーム、ある日はプリン、そしてまたある日はグリコのパピコ。 

 

 

このあいだネットで買った王将の餃子を焼いたらいっぱい食べてくれた。

 

 

 

 

大学というのは10月から後期が始まるからと、何も知らない父親はもうしばらく居るんじゃないかとのんびり構えてました。

 

 

 

一昨日・・、

 

「えっか、いつ帰るが?」

 

「あさって」

 

「14日?・・、なんで?・・、大学10月からやろ?」

 

「集中講座あるから」

 

「そーなんか・・」 

 

 

すっげぇショック。

 

 

 

さっき駅まで送ってきました。

 

 

うちへ迎えにいったとき家内が泣いてたからこっちも固まった。

 

 

切符買って、待合室入って・・、

 

「えっか、これお小遣いだ。お母さんには内緒な」

 

「ありがと、おとうさん」

 

「ご飯ちゃんと食べるんやぞ」

 

「うん、わかった」

 

「いつでも帰っておいで」

 

「うん、おとうさん」

 

 

 

もうだめ。