トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(17年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で17年間毎日書いてます(^^)。

     
 
ううう体内時計が・・

皆さんこんにちは。

 

 

予め申し上げておきますけど、今日のはただの「伊藤リア充」日記」です。

 

 

だから「けっ!そんなもん読んでられっかい!」という皆さんはここでスルーして下さい。

 

 

いいですか?

 

 

じゃ、いきます。

 

 

昨晩の伊藤家は長女の誕生日祝い食事会でした。

 

 

20時前には始める予定だったんだけど、次女の到着がひと列車遅れてしまい、和倉温泉駅到着が21時15分。

 

 

21時30分からになりました。

 

 

娘たちの好きなものを取り揃え、いろんな話をしながら食べました。

 

 

ワタシはハイボールをぐいぐい、偶然テレビで金沢の旨いもの巡りみたいな番組をやってて、あれ誰だっけ・・、雨上がりの宮迫とか出川が出てたな。

 

 

近江町でボタンエビ食って「うめぇ!」って叫んで、グリルオーツカのハントンライス頬張って「わぉ!」って言ってたけど、こっちのほうが美味いもんね。 

 

 

長女の好きな香箱はもちろん、寿司に肉料理、ワタシのハイボールは野沢菜とわさび漬けによってハイペースを保ったまま進んでいきました。

 

「パパ、お寿司も食べてよ」

 

「お前たちたべなさい」

 

「パパ香箱一個あげる」

 

「いいが?」

 

「だってパパわさび漬けばっか食べとる」

 

「パパはいいげん」

 

 

家族の食べてる様子ってのはいちばんの肴だ。 

 

 

・・・・が、

 

 

23時に近づいたあたりで体内時計がジリジリ言い始めて・・、

 

 

「パパさ、また2時過ぎに起きんならんから寝るわ」

 

「おやすみ、パパ」

 

「おとーさん、おやすみ」 

 

まったく残念そうでない娘たちの声を背中で聞いて・・、 

 

 

風呂入って寝た。

 

 

 

今日の午後の列車で次女は富山に戻って行きました。

 

 

こんどはクリスマスあたりに帰ってきて、年末年始は和倉にいてくれるんだって。

 

 

おとーさん、待ってるわ。 

 

 

以上、伊藤のリアル充実日記、おわり。