トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(17年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で17年間毎日書いてます(^^)。

     
 
そういうお名前だったんですか。

皆さんこんにちは。

 

 

昨日市内のホームセンターに金具を買いに行きました。

 

 

欲しいのはこれ。 

 

 

フックに木ネジがついたやつ。

 

 

ネジコーナーに直行して探したんだけど、ネジや釘ばっかりでフックがついたやつがない。

 

 

こんどはフックのコーナーに行ったんだけど、粘着フックや石膏ボード用ばかりで木ネジがついてるやつが見つからない。

 

 

係の方に助けを求めました。

 

「あの、こんなんなってて、そんでもってこっち側が木ネジになってるの欲しいんです。ぐりぐりって・・」

 

 

 

右手の指を丸めて泥棒さんのサインみたいのをつくって言いました。

 

 

すると係の方はすぐご理解くださったという表情で・・、 

 

「よーとですねぇ」

 

「用途ですか?」 

 

「えぇ、よーとです」 

 

「今回の用途としてはですね、露天風呂付客室のブラインド新しく買ったもんですから、それを吊るしたいというか・・・」

 

「ブラインドは重たいですか?」

 

「あ、竹製ですから軽いです」 

 

「それならよーおれがいいかもしれませんよ」

 

「ヨーオレ?・・・」

 

 

用途によって色々あるんかも・・・。

 

 

意味わからんまま連れていかれたコーナーにそれはありました。

 

 

よーと。

 

 

こっちがよーおれ。

 

 

「用途」じゃないんや。 

 

 

それにしても変な名前。 

 

 

帰ってきてネットで調べたら語源は「洋灯吊り(ようとうつり)」で、そこから「よーと」になって、L字型に折れてるのが「よーおれ」なんだって。 

 

 

ほえ~・・。

 

 

皆さんご存知でした?

 

 

ワタシこの年になるまで「木ネジフック」だと思ってた。

 

 

よーとね。

 

 

それからよーおれね。 

 

 

そういうお名前でしたんですか。

 

 

存じ上げませんで・・。