トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(17年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で17年間毎日書いてます(^^)。

     
 
いろいろ・・。

皆さんこんにちは。

 

 

もうお仕事始まりましたんですか?

 

 

くじけちゃならない毎日、今年もがんばってくださいね。

 

 

ところで・・・、

 

 

一週間忙しかった十番館も明日でおしまいです。

 

 

連休のはずなのに7日はお客さま少ないし・・・。

 

 

一昨年まではこの日曜日が和倉温泉冬花火大会で、それが十番館の目の前の海で打ち上げだったから特等席、毎年ず~っと満室でした。

 

 

それが昨年から春花火になって打ち上げの場所もかわって、そうなると花火の切れ目が縁の切れ目、ご常連さまたちも3組様以外いらっしゃらなくなっちゃった。 

 

 

ううう・・・、寂しいなぁ。 

 

 

 

・・・・・・・・、

 

 

これは今朝のフロント横の電波時計。

 

 

2時46分を指していて、ワタシの毎朝の出勤時刻。 

 

 

時刻合わせなのか電波受信調整のためなのか、だいたいいつもこの時刻に秒針がぐるぐる回るんですよ、3周くらい。

 

 

それをボケたアタマのまま目にすると・・・、

 

 

「あっ!ホラーだ!」

 

 

なんだか時間旅行に引っ張りこまれているみたいな気分になるんですよね。

 

 

初めて見たときはホントにこっちがぐるぐるした。 

 

 

気持ち悪くなったよ。

 

 

 

あ、時間旅行で思い出したけど・・、

 

 

元旦の夜だったか、家族4人で食事をしていて、次の年号の話になりましてね、どんな年号になるのかとか言ってるうち、娘達が・・、

 

「パパ、昭和から平成になったときってどんな感じやったん?」

 

「今回は生前退位だから皇太子さんの即位と合わさって何となくお祝いっぽいけど、あの時は天皇陛下の崩御だったからな、大変だったんだぞ」

 

「なにが?」

 

「何がって・・、あのな、国全体が喪に服すわけやろ。それから政府からの通達があって、喪があけるまでは歌舞音曲を慎むようにってのがあったんやわ」

 

「かぶおんきょく?・・なにそれ?」

 

「楽しそうにドンチャン騒ぎとかするなって。歌番組も自粛してた。カラオケある飲み屋も閉まったしな」 

 

「パパどこにおったん?」

 

「大町の景水にいた。32才で・・、フロント課長やってた」

 

「支配人しとったんでないが?」

 

「支配人になったんは34のとき。何でも屋みたいなことやらされてて、夜のクラブのカラオケ担当もしてた」

 

「その夜、歌舞音曲慎んだ?」

 

「慎まなかった・・ような記憶がある」 

 

 

 

 30年かぁ。(遠い眼差し)

 

 

・・・・・・・・・・、

 

 

そうそう、話は飛ぶけど、ワタシ50になるちょっと前に初めてメガネおじさんになりましてね。

 

 

細かい文字が読みづらくなったから市内の眼科に行って検査してもらったら・・、

 

「はい、遠視ですね」

 

「えんし・・って、それは老眼のことですか?」

 

「そぉです!」

 

書いてもらった処方箋をもって、ショックを引きずりながら七尾駅前通りへよろよろたどり着き、眼科で紹介してもらった「宝石・時計・眼鏡」って書いてある高級そうなお店に行って新しいメガネを買いました。

 

 

値段を聞いてびっくり。

 

「メガネってこんなに高いんや・・」

 

 

でもそこで購入したのはそれっきり。そのあとは郊外にメガネのチェーン店ができたからそこの会員になりまして・・、

 

 

値段も三分の一くらいだった。

 

「こんなに安価に売っていだだけるとは・・、助かるなぁ」 

 

 

 

さっき七尾のメガネ屋さんから電話がきて、度があわなくなって注文してた新しいメガネができたって。

 

 

先月行って色々検査してもらったらやっぱりいまかけてるやつじゃダメだってことになって買い換えたんだけど・・、

 

「フレームはどうなさいますか?」

 

「フレームですかぁ・・」 

 

オレ髪の毛ないし、眉毛も薄いし、インパクトに欠ける顔だから、思い切って黒縁のやつにしようと思って試着したら極悪顔になってヤメた。

 

 

明日受け取りに行こ。

 

 

それにしても・・、

 

 

肉体が順調に退化しておるわ。