トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

ヴァレスティのウイニングポスト8で生産した馬をダラダラさらすブログ

ウイニングポスト8で生産した馬の血統表を不定期でダラダラさらすブログです。  稲妻配合を中心に、どマイナーな血統の種牡馬の産駒・子孫をコッソリ紹介します。 なお、対戦パスは取ってないため公表しません。

     
 
必ず付ける系統

長らく更新してませんでした。

決して忘れてたわけじゃないです。

2018もプレイしてるわけじゃないです。

また平常運転でいきます。

 

今日は初代ウイポから必ずつけている系統『シンザンの』系統からです。

ウイポ7から過去スタートとなり、過去の名馬が種付けしやすくなりましたが、初代から8まで必ずミホシンザンかマイシンザンを種付けしています。

理由はシンザンの系統だからです。

まあ実際の話、現実の競馬に抗ってみたくなったからです。

 シンザンって日本の競馬の三冠馬なのにその子孫は尻すぼみ。

 日本で競馬してるなら種牡馬も日本で競馬を走ってきた馬の方が合うんじゃね?と自分では思っていたんですが、現実はそうでもないので自分から種付けし始めたのが最初です。

 ウイポ6まではミホシンザンは種牡馬としてはほぼ低く設定されており、なかなか難しい種牡馬でしたが、7からは引退後の能力変化もなくなり、血統構成の弱点のみとなったので、まだ救い甲斐があります。

 今作のウイニングポスト8では時代に沿って系統確立もある程度予測も可能なので、相手の牝馬選びも余裕があるかと思います。

自分は7からなんですが、ミルリーフを父に持つ牝馬を引っ張ってきて種付けします。

 今回は相手の母母の系統まで気を配らず種付けしてなかったので、血脈活性配合は成立してませんでした。痛恨の極みでした。

 まあ、結果としてはスピードはギリAを確保できましたが、周りが強すぎてなかなか実績を積めませんでした。

しかしミホシンザンにとってまだ山は越えてなく、むしろここからまた山を越えなくてはなりません。

 ミホシンザン自体が親同系配合で生産されているので、孫の代にならないと血脈活性配合が8本成立しないからです。

 細かいことを言ってるかもしれませんが、ミホシンザンは仔出しが低いみたく。仔に受け継がれやすく爆発力2も貴重になってくるからです。

 自分にとってはミホシンザンは他の系統の種牡馬に比べて少し難しい種牡馬であるんですよね。

添付画像