トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

あかりBLOG

光とあかりの話題

カテゴリ >> 地域イベント (10件)

12345678910
     
 

奈良の灯り*燈花会*

こんにちは。

光電器製作所の井藤です。

 

この度、私の地元である奈良「燈花会」に行ってきました。

 

燈花会は1999年にはじまり、毎年8月上旬の10日間だけ、ろうそくの花が咲くイベントです。

毎夜2万個のろうそくのあかりが、奈良公園一帯を灯します。

 

ろうそくの芯の先にできる花の形をした、ろうのかたまり「燈花」。

仏教においてこれができると縁起が良いとされています。

 

 

 <春日野園地>

 

みんなに幸せが訪れますようにと一つひとつに想いを込めて、灯されるあたたかな光です。

 

来場者自身がろうそくに火を灯し並べることもできるのが「一客一燈」。夏の夜の思い出に自分だけの灯りの花を咲かせることが出来ますよ!

 

 

 <浮雲園地>

  

 

 <奈良国立博物館裏>

 

 

 <浮見堂と鷺池>

 

静かで幻想的な夜の風景を見ていると、

暑ささえ忘れてしまうほどに心穏やかになります。

 

あかりは、私たちの生活において欠かせないものですが、癒しにもなるんですね!

 

周辺には夜店もズラーッと並んでおり、大変賑わっていました♪

 

今年のイベントはすでに終了していますが、毎年開催されますので

ぜひ皆さんも、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。



 
     

     
 

今宮戎神社に行きました。

皆さん、こんにちは。

光電器製作所の長谷川です。

110日(火)の夜に、今年も今宮戎神社へ

 昨年の福笹奉納と今年の福笹をいただきに行きました。

今年も大賑わいで入場規制がかかるほどでした。 

入場門にあった大きな酉のちぎり絵が飾られていました。

 

 入場門の周りにはえびすさんの提灯が

たくさんありました。

 

 鯛や俵などたくさんの縁起物をつけてもらいました。

 

 一方通行でしたので帰りは別の門から帰ります。

外でざると熊手を買いに行きました。たくさんあり、 

どれにしようか迷いました。

 翌日、飾りをセットして会社につけました。

 新しいものをつけると気持ちもフレッシュになります。

 今年も1年頑張るぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

 



 
     

     
 

大阪マラソン2016

こんにちは。光電器製作所の浅野です。
もう大阪の秋の風物詩と言えそうですが、
10月30日に行なわれました大阪マラソンに出場しました。

絶好の秋晴れの下、午前9時に大阪城公園をスタートし、
ゴールの大阪南港インテックス大阪展示場を目指します。

途中で京セラドームや通天閣など様々な大阪の名所を通り、
テーマ曲にもあるのですが「夢の御堂筋逆走」など、
普段通るのとは違う大阪の景色を、走りながら見ることができるのが醍醐味です。

ランナーは3万人ですが、沿道には100万人以上と非常に多くの方が応援に来られます。
42.195kmを走るのは大変厳しく辛いのですが、応援して下さる皆様に力を頂き、何とか楽しく無事完走することができました。

フルマラソンを走りきるには、事前のトレーニングや体調管理、
当日は無理をし過ぎず、自分のペースをしっかり守って走り続けることが大事です。
4時間以上走っていると精神的な我慢強さも必要になりますので、
ただ走っているだけではなく、多くのことを考えて学ぶことができると思います。

この季節は涼しくてとても走りやすく、ストレス解消にもつながりますので、運動不足を感じておられる方は、ぜひ一度体を動かしてみてはいかがでしょうか。



 
     

     
 

飛鳥光の回廊

こんにちは、光電器製作所の川淵です

8月27日奈良県飛鳥光の回廊に行って来ました

生活の中で灯りは色々な所で使われていますが場所と演出により雰囲気がまるで違ってきます

ここでは灯りが沢山の方に語り掛けているように感じました

 

  *ファインダーを覗いたら1人だけこっちを向いてくれました

 
     

     
 

「平成OSAKA天の川伝説」

こんにちは、光電器製作所の浅野です。7月7日は七夕でした。

大阪の天満橋では例年この日に、LEDを光源とする光の球を川に浮かべる「平成OSAKA天の川伝説」イベントが行われます。

イベントの始まりは午後7時過ぎ。まだこの時期では結構明るい時間です。セレモニーやお清めの神事などが行われているのですが、すでに観覧場所や川の周りはすごい人だかりです。

これがLEDの「いのり星」。

底面はこうなっており、川面に浮かべて水に接触すると、LEDが青く発光する仕組みになっています。

徐々に暗くなるころに、上流の方からも光る球がどんどん流れてきて、あたり一面が光る球でいっぱいになってきました。

時間が経つにつれ青いLEDの光が川全体を照らし出し、大阪の夜景ともあいまって、まさに地上に映し出された天の川のようです。

大阪の天満橋という地名は、「天に星満る」ほど夜空が美しかったことが由来とされ、古来より星を祀る信仰が伝わっているとのことです。約2時間ほどの短いイベントでしたが、七夕伝説の織姫と彦星のように、1年に一度だけ出会うことのできる素敵な風景でした。

ちなみに、終了後にLEDのボールはすべて回収され、次回にリユースされるとのことです。また来年も出会うことができますように。。。



 
     

12345678910

カテゴリ >> 地域イベント (10件)