トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

あかりBLOG

光とあかりの話題

カテゴリ >> つぶやき (4件)

     
 

照明器具の寿命

 こんにちは、株式会社光電器製作所 品質管理部の永岡です。

 当社は創業から60年、「絶えず研究、常に前進」をモットーにお客様に喜んで頂ける照明器具を提供できるよう日々努力を重ねております。

 ご購入いただいた照明器具を末長く安全に使用して頂けるように、当社では厳しい品質管理の下に生産しております。しかしながら照明器具にも寿命が有り、一般的な使用環境では設置後8年~10年で寿命を迎えます。外観に異常が無い場合でも内部の部品の劣化は進行していますので、点検・交換をしていただき安全にご使用ください。

 これから年末に向けて大掃除をされることと思いますが、その際には照明器具の銘板に表示されている「○○年製」又は製造番号を是非ご確認ください。愛着を持ってご使用いただいている照明器具の交換をお願いするのは心苦しいのですが、寿命を迎えた照明器具は安全の為に新しい物にお取り換えいただくことを品質管理担当者としてお願い致します。

 季節も晩秋から冬へと変わり、寒さも段々と厳しくなってまいりました。寒がりの私にはこれから辛い日々が続きますが、寒さに負けないように頑張ります!



 
     

     
 

品質今昔物語

こんにちは、株式会社光電器製作所の武田です。

今年で第52回、11月は品質月間です。

昔は、どの会社もQCポスターや標語を掲示し、QC旗を掲げ、胸章を着用し、品質月間初日の111日には社長や品質管理部長からの訓示をいただくのが常でした。

 私の若かりし高度成長時代(年齢がばれてしまいますね)は、「安かろう、良かろう」で作れば喜んでもらえる時代でしたが、その後は品質最優先の物造りが日本全土に広まり、QCサークルなどの品質改善活動が実を結んだ結果、品質において日本は世界一の座を得ました。

 ところが今は、品質は良くて当たり前、多様なお客様それぞれに認められる価値が無くてはモノが売れない時代になりました。

 我社は照明器具の設計、製造に携わって60年になりますが、その間に照明業界も大きく様変わりしてきました。

今後も色々な製品が生み出され、我社も時代に合わせて進化していくことと思いますが、昔も今も物造りの基本は「品質」にありと信じて疑いません。

 

 時代の変化をヒシヒシと感じる私

     ↓

 



 
     

     
 

ヒヤリ・ハット撲滅!

 こんにちは。私たちは株式会社光電器製作所の資材課女子3人組(左から八橋・稲岡・佐川)です。

 先日、航空旅客機が背面飛行をするというニュースがありました。原因は副操縦士の操作ミスとのことでしたが、幸いにも大事故にならずホッとしました。人命をあずかるパイロットにおいてミスは絶対にあってはならないことですが、適切な訓練を受けた人達でもミスは起こってしまうのだな...と感じています。

 私たちは部品の管理とピッキングの作業を担当していますが、これもまたミスがあっては大変です。資材業務の「ヒヤリ・ハット対策」カードを作って間違のない作業を心がけています。



 
     

     
 

店舗見学

  こんにちは、株式会社光電器製作所の山本です。 

 先日、JR大阪駅に行く機会があったので新しくできた三越伊勢丹とルクアを見学しきました。

 店舗内の照明器具はLED照明で構成されていました店内は明るく、商品も鮮やかに照らされていました。 

 少し前のLED照明器具は他の光源の照明器具に比べて照度が低かったり、色の再現性が良くないという印象が強かったのですが今のLEDは明るさもあり、色合いも自然でこれからの光源のメインになるように感じました。  

 我社もLED照明器具の製造会社としてお客様に喜んで頂けるモノ作りを大事にしたいと思います。