トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

あかりBLOG

光とあかりの話題

カテゴリ >> つぶやき (6件)

12345678910
     
 

二月に思う

今年は、2月15日から中国の春節(旧正月)が始まります。
私、8年ほど前に1年半ほど中国は広東省東莞市に赴任していたおり、春節の時期にふと中学生のとき暗唱いたしました晩唐の詩人「杜牧」の七言絶句「山行」を思い出し、その詩の1節「霜葉は二月の花より紅なり」にある二月の花とは何の花なのか疑問に思った事がございました。

山行 杜牧

遠上寒山石径斜(遠く寒山に上れば石径斜めなり)

白雲生処有人家(白雲生じるところに人家有り)

停車坐愛楓林晩(車をとどめてそぞろに愛す楓林の晩)

霜葉紅於二月花(霜葉は二月の花より紅なり)

そこで、当時中国人従業員何人かにこの二月の花は何の花なのか聞いてみたのですが、明確な答えは返ってこず、ほとんどがこの詩すら知りませんでした。
中国では、杜牧が暮らしていた1,200年前の唐の都長安(現在の西安)と現在の広東省東莞市では自然環境が劇的に変わっていることと、経済至上主義へと大きく変貌した風潮の元、人々の関心事が文学的なものから経済的なものに完全に移行していると思われました。
「杜甫、李白、杜牧」等々日本の文学、文化にも多大な影響を与えた古の偉大な中国の詩人たちが現在の中国において、忘れ去られようとしているのではないかと危惧いたします。

さて、本論に戻りますが、この二月の花ですが、中学生の時以来旧暦二月といえば早春であり、早春の花といえば当然「桜」であると思っておりました。
しかしながら、中国においては、花といえば「桃」の花であり今ではこの二月の花は「桃の花」であると思っております。

 

いずれにせよ、「二月の花」はこの七言絶句を暗唱、朗読する個々の人たちの思いの花であれば良く「梅」「桃」「杏」「桜」等心の中に咲く花を思い浮かべればよいのだと思います。

株式会社光電器製作所

和田 昇



 
     

     
 

満天の星

こんにちは、光電器製作所の塚原です。

 

先日、某所に趣味の写真を撮りに行きました。今回のターゲットは「星空」

天候にも恵まれ、月も出ていなかったので絶好のコンディション!!

目の前には満天の星が広がっていました。

 

肉眼でもしっかりと天の川が見られるくらいに綺麗な星空でした。

ちなみに空が赤いのは夕暮れや街のあかりではなく、溶岩のあかりです。

 

秋も深まってきましたが、低い位置に「夏の大三角」を見ることが出来ました。

夏の大三角といえば七夕伝説の織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)、はくちょう座のデネブで構成されています。

 

天の川を挟んで並んでいる織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)は私たちの住んでいる地球から見ると隣同士で近いようですが実際には10光年近く離れているそうです。(90km)

一年に一回会いに行くのでも相当大変そうですね。

 

ちなみにもう一つの星、デネブはさらに1400光年離れているので宇宙のスケールの大きさには驚かされます。

 

宇宙にはこのような星が数え切れないくらい存在しています。

 

そんな星たちが何年、何百年、何万年とかかって地球にあかりを届け、私たちに美しい星空を見せてくれます。

なんだかタイムマシンのようでロマンティックではないですか?

 

秋の夜長、たまには街のあかりではなく夜空のあかりを見に行ってはどうでしょうか?

その時には厚着をして出掛けて下さいね。

 
     

     
 

照明器具の寿命

 こんにちは、株式会社光電器製作所 品質管理部の永岡です。

 当社は創業から60年、「絶えず研究、常に前進」をモットーにお客様に喜んで頂ける照明器具を提供できるよう日々努力を重ねております。

 ご購入いただいた照明器具を末長く安全に使用して頂けるように、当社では厳しい品質管理の下に生産しております。しかしながら照明器具にも寿命が有り、一般的な使用環境では設置後8年~10年で寿命を迎えます。外観に異常が無い場合でも内部の部品の劣化は進行していますので、点検・交換をしていただき安全にご使用ください。

 これから年末に向けて大掃除をされることと思いますが、その際には照明器具の銘板に表示されている「○○年製」又は製造番号を是非ご確認ください。愛着を持ってご使用いただいている照明器具の交換をお願いするのは心苦しいのですが、寿命を迎えた照明器具は安全の為に新しい物にお取り換えいただくことを品質管理担当者としてお願い致します。

 季節も晩秋から冬へと変わり、寒さも段々と厳しくなってまいりました。寒がりの私にはこれから辛い日々が続きますが、寒さに負けないように頑張ります!



 
     

     
 

品質今昔物語

こんにちは、株式会社光電器製作所の武田です。

今年で第52回、11月は品質月間です。

昔は、どの会社もQCポスターや標語を掲示し、QC旗を掲げ、胸章を着用し、品質月間初日の111日には社長や品質管理部長からの訓示をいただくのが常でした。

 私の若かりし高度成長時代(年齢がばれてしまいますね)は、「安かろう、良かろう」で作れば喜んでもらえる時代でしたが、その後は品質最優先の物造りが日本全土に広まり、QCサークルなどの品質改善活動が実を結んだ結果、品質において日本は世界一の座を得ました。

 ところが今は、品質は良くて当たり前、多様なお客様それぞれに認められる価値が無くてはモノが売れない時代になりました。

 我社は照明器具の設計、製造に携わって60年になりますが、その間に照明業界も大きく様変わりしてきました。

今後も色々な製品が生み出され、我社も時代に合わせて進化していくことと思いますが、昔も今も物造りの基本は「品質」にありと信じて疑いません。

 

 時代の変化をヒシヒシと感じる私

     ↓

 



 
     

     
 

ヒヤリ・ハット撲滅!

 こんにちは。私たちは株式会社光電器製作所の資材課女子3人組(左から八橋・稲岡・佐川)です。

 先日、航空旅客機が背面飛行をするというニュースがありました。原因は副操縦士の操作ミスとのことでしたが、幸いにも大事故にならずホッとしました。人命をあずかるパイロットにおいてミスは絶対にあってはならないことですが、適切な訓練を受けた人達でもミスは起こってしまうのだな...と感じています。

 私たちは部品の管理とピッキングの作業を担当していますが、これもまたミスがあっては大変です。資材業務の「ヒヤリ・ハット対策」カードを作って間違のない作業を心がけています。



 
     

12345678910

カテゴリ >> つぶやき (6件)