トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(19年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で19年間毎日書いてます(^^)。

     
 
さぁ引っ越しだ

皆さんこんにちは。

 

17年前、46歳のときに七尾の保健所へ行って骨髄バンクのドナー登録をした。

 

それからずっと呼び出しを待ってたんだけど、声がかからずこんな歳になってしまった。

 

残念だ。

 

 

登録をしたのは二女が4歳のとき、急に見つかった難病で長期入院をしたことがきっかけだった。

 

二女に付き添って家内は金大病院で、ワタシは小学校一年だった長女と二人暮らしをした。

 

長女にとってはママと妹がいなくてパパと二人だけ、毎日極めてご飯がマズくて、しかも朝早く起こされる・・、つらい一年間だったと思う。

 

毎日金沢の小児病棟へ通った。

 

日曜日には長女を連れて行ってママに会わせた。

 

 

たくさんの子供たちを見た。

 

抗がん剤の副作用で髪の抜けたアタマに色とりどりのバンダナを巻いてた。

 

みんな似合って・・、それぞれ似合ってかわいかった。 

 

うしろ姿を見て二女だと思って声をかけて・・、よく間違えた。

 

「あ、Mちゃんだったか、ごめんね」

 

「あ、おじちゃん・・、えりちゃ~ん、おとーさん来たよ!」 

 

「ありがと、Mちゃん」

 

しょっちゅう間違えた 

 

その都度他の子どもたちに笑われた。

 

みんなかわいかった。 

 

 

たくさんの親御さんたちを見た。 

 

いろんな話をした。 

 

病室ではみんな笑顔だった。

 

でも我が子が個室に移されるときには、自分もそうだったけど、笑顔が引きつった。 

 

 

池江選手のことが報道されて、骨髄バンクへの問い合わせがこのところ急激に増えているらしいけど、それでもいまの登録者数は50万人に満たない。

 

その数がいまの倍になれば患者さんたちが助かる確率が飛躍的に上がるんだそうで・・、

 

増えてほしいな。 

 

患者さん、特に子供や若い人たち・・、助かってほしい。 

 

 ・・・・・・・・・、

 

うちの二女は助けてもらって生き延びて、この春大学を卒業する。

 

・・・・・・・・・・・・・、 

二女は、偶然なんだけど父親の故郷・長野に2年と母親の故郷・富山で2年の合計4年を過ごした。

 

来週引っ越しだ。

 

 

そうそう、一昨日だったかネットのニュースで見たんだけど、引っ越ししたくてもできない所謂「引っ越し難民」がたくさんいるらしい。

 

要因は様々で、ヤマト運輸の引っ越し業務停止や、今回のレオパレス問題が絡んでるんだとか。

 

正月明け頃、そろそろヤマトの業務停止解除かなと思ってネット見たらまだ引っ越しを再開してないし、仕方なく他の業者の見積もりをとったら、前にヤマトで引っ越ししたときの4倍から5倍の料金だった。 

 

「富山の五福から七尾までの単身引っ越しでしたら11万円ですね」

 

なんて平気でうそぶきやがった。

 

ば~か。ヤマトでやったときの5倍以上じゃねぇか。

 

安いところでも8万以上のこと言ったからね。 

 

ありえん料金のことを毎日集配にきてくれるヤマト運輸に愚痴った。

 

「あんたのところの子会社が引っ越し停止してるからマジ困っとれんて」

 

そしたら・・、 

 

「ご迷惑かけてすみません。でも日通さんなら安いですよ、きっと」 

 

それで日通富山支店に電話したらヤマトほどではないにしてもそこそこ安かった。 

 

ヤマトさん、ありがとね。

 

 ・・・・・・・・・、

 

家内は前日に乗り込んでワタシは当日の朝出発。

 

でもこんどはこの電気自動車使わない。

 

充電スポット、この2年間で増えたとはいえ色んな制約があるし・・、

 

前回は暖かい時期だったけど氷見と七尾の県境で充電切れして万事休す。

 

JAFでレッカー車呼んだ。

 

 

こんどは冬だしね・・、

 

ぜったい立往生するわ。 

 

フル充電しても夏に130キロしか走らねぇし、冬の夜にライトつけて暖房使ったら50キロいかねぇわ、こんなクルマ。

 

役に立たない無用の長物だ。 

 

粗大ゴミだ。

 

早く捨てたい。

 

マジで。