トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(19年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で19年間毎日書いてます(^^)。

ブログ一覧 >> 2019年02月 の記事 (9件)

12345678910
     
 
今日は休館デス。

皆さんこんにちは。

 

今日十番館はお休みします。

 

なぜかというとお客さまがいないから。(開き直って堂々と)

 

誰か飲みに誘ってくだはれ。

 

「じゃ、7時な」

 

「はい・・」

 

「あのさ、表題・、デスんところだけカタカナ 、ちゃんと書けよ!」

 

「今日は休館Death!」

 

・・・・・・・・・・、

 

七尾駅前にパトリアというデパートっぽいのがありましてね・・、

 

ワタシが信州から移り住んだ2年後に開店しました。

 

小さかった長女を連れて家族でよく行ったし、家内が買い物をしているあいだワタシは長女を遊具で遊ばせたりして時間を過ごして・・、

 

待ち合わせはミスド。

 

楽しかったですよ。

 

PTAの読み聞かせで使う本も良く買いに行ったっけな。

 

それが・・、

 

2月15日に施設の所有者である「七尾市都市開発」の破産が決まって閉店することになりました。 

 

何も聞かされていなかった各テナントのオーナーさんたちにしてみたらまさに寝耳に水のことで、いま交渉が紛糾しているということです。

 

ひどい話ですよ。

 

今年の年末に閉店とかならまだしも、破産を表明して2週間ですからね。

 

取締役に名を連ねてる前々市長をはじめとしたお歴々、こうならないような努力って何かしたんだろうか。

 

これパトリア、JR七尾駅前。

 

写真はウィキペディアから拝借したけど、この写真、もうちょっと人のいる時間を選んで撮ったほうかよかったんじゃね?

 

紹介写真がこれじゃ寂しすぎるわ。

 

いろんなモノが七尾から消えていく。 

 

 

 

 



 
     

     
 
4人そろった。

皆さんこんにちは。

 

昨日富山へ行って五福の二女のアパートを引き払ってきた。

 

家内が前の日から乗りこんでたし、片付けや箱詰めも短時間で終了、雨が降っていたんだけど日通さんが丁寧に手際よく作業してくれた。

 

七尾光陽台の自宅へは21日の運び込み予定で・・、

 

 

そのあとは家内の希望で富山駅前のマリエへケーキを買いに行った。

 

どうせ時間がかかるだろうとスタバで待つことに・・。

 

実はオレ、これが人生初スタバで注文の仕方もわからない・・、

 

カウンターにいても誰も来てくれない。

 

仕方ないから・・、 

 

「コーヒーくらはい」

 

「ご注文はこちらへどうぞ!」

 

「あい・・」 

 

「サイズはどうなさいますか?」

 

「ふつーのでいいです」

 

「カップの大きさがこのように4種類ありますので・・」 

 

「いっちゃんおっきいやつくだはれ・・」

 

そしたらちょっとしたどんぶりサイズみたいのがきた。

 

 

周りを見渡すとスタバ慣れした雰囲気の人たちがいっぱい、ビジネスマンがパソコンさわってたり、若い女の子たちが何やらピンク色のカップを手に楽しそうにしてるし、落ち着かず目が泳いでるのオレだけだった。

 

所在無げに一席あいてたカウンター席で一所懸命どんぶりコーヒーと格闘した。

 

 

マリエ出てから環水公園を通り過ぎて8号線で高岡にでて、能越道で帰宅。

 

 

遅くなったから晩飯はセブンで弁当を買った。

 

 

長女は高校を卒業して大坂の大学に入り、卒業して戻ってきた。

 

次は二女の番になって長野と富山に4年間いて帰ってきた。

 

 

久しぶりに光陽台の自宅に家族4人がそろった。 

 

 

4人で食べたコンビニ弁当とインスタント味噌汁が殊のほかうまかった。

 

ウィスキーのお湯割りがすすんだ。 

 

 

 

 



 
     

     
 
さぁ引っ越しだ

皆さんこんにちは。

 

17年前、46歳のときに七尾の保健所へ行って骨髄バンクのドナー登録をした。

 

それからずっと呼び出しを待ってたんだけど、声がかからずこんな歳になってしまった。

 

残念だ。

 

 

登録をしたのは二女が4歳のとき、急に見つかった難病で長期入院をしたことがきっかけだった。

 

二女に付き添って家内は金大病院で、ワタシは小学校一年だった長女と二人暮らしをした。

 

長女にとってはママと妹がいなくてパパと二人だけ、毎日極めてご飯がマズくて、しかも朝早く起こされる・・、つらい一年間だったと思う。

 

毎日金沢の小児病棟へ通った。

 

日曜日には長女を連れて行ってママに会わせた。

 

 

たくさんの子供たちを見た。

 

抗がん剤の副作用で髪の抜けたアタマに色とりどりのバンダナを巻いてた。

 

みんな似合って・・、それぞれ似合ってかわいかった。 

 

うしろ姿を見て二女だと思って声をかけて・・、よく間違えた。

 

「あ、Mちゃんだったか、ごめんね」

 

「あ、おじちゃん・・、えりちゃ~ん、おとーさん来たよ!」 

 

「ありがと、Mちゃん」

 

しょっちゅう間違えた 

 

その都度他の子どもたちに笑われた。

 

みんなかわいかった。 

 

 

たくさんの親御さんたちを見た。 

 

いろんな話をした。 

 

病室ではみんな笑顔だった。

 

でも我が子が個室に移されるときには、自分もそうだったけど、笑顔が引きつった。 

 

 

池江選手のことが報道されて、骨髄バンクへの問い合わせがこのところ急激に増えているらしいけど、それでもいまの登録者数は50万人に満たない。

 

その数がいまの倍になれば患者さんたちが助かる確率が飛躍的に上がるんだそうで・・、

 

増えてほしいな。 

 

患者さん、特に子供や若い人たち・・、助かってほしい。 

 

 ・・・・・・・・・、

 

うちの二女は助けてもらって生き延びて、この春大学を卒業する。

 

・・・・・・・・・・・・・、 

二女は、偶然なんだけど父親の故郷・長野に2年と母親の故郷・富山で2年の合計4年を過ごした。

 

来週引っ越しだ。

 

 

そうそう、一昨日だったかネットのニュースで見たんだけど、引っ越ししたくてもできない所謂「引っ越し難民」がたくさんいるらしい。

 

要因は様々で、ヤマト運輸の引っ越し業務停止や、今回のレオパレス問題が絡んでるんだとか。

 

正月明け頃、そろそろヤマトの業務停止解除かなと思ってネット見たらまだ引っ越しを再開してないし、仕方なく他の業者の見積もりをとったら、前にヤマトで引っ越ししたときの4倍から5倍の料金だった。 

 

「富山の五福から七尾までの単身引っ越しでしたら11万円ですね」

 

なんて平気でうそぶきやがった。

 

ば~か。ヤマトでやったときの5倍以上じゃねぇか。

 

安いところでも8万以上のこと言ったからね。 

 

ありえん料金のことを毎日集配にきてくれるヤマト運輸に愚痴った。

 

「あんたのところの子会社が引っ越し停止してるからマジ困っとれんて」

 

そしたら・・、 

 

「ご迷惑かけてすみません。でも日通さんなら安いですよ、きっと」 

 

それで日通富山支店に電話したらヤマトほどではないにしてもそこそこ安かった。 

 

ヤマトさん、ありがとね。

 

 ・・・・・・・・・、

 

家内は前日に乗り込んでワタシは当日の朝出発。

 

でもこんどはこの電気自動車使わない。

 

充電スポット、この2年間で増えたとはいえ色んな制約があるし・・、

 

前回は暖かい時期だったけど氷見と七尾の県境で充電切れして万事休す。

 

JAFでレッカー車呼んだ。

 

 

こんどは冬だしね・・、

 

ぜったい立往生するわ。 

 

フル充電しても夏に130キロしか走らねぇし、冬の夜にライトつけて暖房使ったら50キロいかねぇわ、こんなクルマ。

 

役に立たない無用の長物だ。 

 

粗大ゴミだ。

 

早く捨てたい。

 

マジで。 

 

 

 



 
     

     
 
ゴディバに賛成。

皆さんこんにちは。

 

チョコレートメーカー大手のゴディバが打った広告が話題になってます。

 

『日本は義理チョコをやめよう 』

 

というもの。

 

理由は・・、

 

この日の主役はあげる側。

 

本当に大切な人、好きな人に純粋な気持ちを伝えてほしい。 

 

本来バレンタインデーというものは楽しいもの。

 

義理チョコのことが億劫であったり苦痛に感じるのであればやめよう。

 

 

うんうん‥、賛成。 

 

ここ数年ワタシにチョコをくれるのはパートさんたちくらい。 

 

うちへ持って帰ると家内がお返しの準備のためにリスト作りをしてくれます。

 

「これ高そうじゃね?・・、500円くらいするんでねぇが?」

 

「何言ってんのパパ、これ〇〇のチョコだから1000円でも買えないって!」

 

「千円の・・って、英国王室御用達か?」 

 

やっぱ義理チョコ廃止にすべきだ。 

 

 

・・・で、

 

ワタシは先日ちょっと早めのバレンタインチョコをもらいました。

 

送り主は長女。

 

「いつもありがとう」って書いてあった。 

 

あの娘から手作りのやつをもらうなんて彼女の中学校のとき以来だ。

 

 

・・・・・・・、

 

誰かにあげるやつを作ったのの・・、

 

おすそ分けかね。

 

 

ややざわついてきた。 

 

 

 

 



 
     

     
 
横林さま また!

皆さんこんにちは。

 

連休の初日、超ご常連さまの横林様ご家族がご来館下さいました。

 

横林さまは松本のご出身で現在は神奈川県ご在住、前回のご来館は10月で松本山雅とツエーゲン金沢の試合を観戦に来られたときでした。

 

その次の試合で松本山雅が優勝したときにはメールや電話でお祝いのやりとりをしました。 

 

そして今回は冬、だから超特大ズワイガニの備長炭焼き2杯にプラスして、お嬢さまたちのお好きな能登牡蠣のオーブン蒸しテンコ盛り、そしてぶり大根、それからのどぐろ焼きなどをお出ししてご接待しました。 

 

「また今シーズンも一緒に山雅を応援しましょう・・。で、いつからでしたっけ?」

 

「もう今月の23日からなんですよ。はじめはアウェイでジュビロ磐田とやって、そのあとは大分へ行って、3試合目にホームへ帰ってきてからは清水エスパルスとやってから、次もホームで浦和レッズ・・」

 

ぐへぇ・・、相手の名前が去年までと違ってマジ強そうだ。

 

なにしろ2度目のJ1昇格だもんな。

 

がんばれ山雅!

 

横林さまはまた応援に行かれるんだろうな。 

 

オレは北陸から気合入れて声援だ。

 

横林さま、いつもありがとうございます。

 

またお待ちしてますから。

 

えみちゃん、えなちゃん、またね! 

 

 

 



 
     

12345678910

ブログ一覧 >> 2019年02月 の記事 (9件)