トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(19年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で19年間毎日書いてます(^^)。

ブログ一覧 >> 2019年05月 の記事 (24件)

12345678910
     
 
今年はこの下駄。カラコロ・・と。

皆さんこんにちは。

 

いつもは近隣のお店や量販店で買ってたんだけど、今年はネットで選んで試験的に2足だけとりました。

 

ネットで見たのより色が鮮やかできれい。

 

ピンクの浴衣にこんなの履いたらかわいいね。

 

気に入ったから追加で買います。

 

男性のも多めに揃えますね。

 

お祭りもこれでカラコロお出かけ下さい。 

 

 



 
     

     
 
お酒はぬるめの燗がいぃ~~♪

皆さんこんにちは。

 

高倉健主演の映画「駅・Station」が封切られたのは1981年、26歳のときだった。

 

仕事サボって映画館いった。

 

胸をわしづかみにされるほど感動して、そのあとVHSのビデオを買ってそれこそ擦り切れるくらい観た。

 

PCの時代になってからはウェブサイトで観てるけど、もうかれこれ100回くらい観たんじゃないかな、この30数年。

 

降籏康男監督が亡くなってしまって、映画いっぱい観たし、特に高倉健とのタッグがいっぱいあって、「夜叉」「鉄道員」「あなたへ」等々何度も観た。

 

高倉健ではないけど2017年の『追憶」もむちゃくちゃ感動した。

 

 

特にこの「駅・Station」は若いころの感覚と、40代50代になってのそれが年をとるごとにかわってくる。

 

これ有名な場面で、いま「舟歌」が流れてるわけで・・、

  

 

 

これは辞表を胸に札幌に帰ろうか、それとも刑事としての自分を取り戻すため増毛に戻るか数秒逡巡してるところ・・、

 

デッキに足をかけた、このたった数秒間に観客は三上刑事の胸の内を推し測るわけだ。

 

 

第一部で朗読された円谷選手の遺書の言葉もぐっと迫ってきたな。

 

父上様、母上様、三日とろろ美味しゅうございました。干し柿、餅も美味しゆうございました。

敏雄兄、姉上様、おすし美味しゅうございました。

克美兄、姉上様、ブドウ酒とリンゴ美味しゅうございました。

 

 

 

昨夜ウェブで高倉健観た。

 

だけど何を思ったか「ブラックレイン」にした。 

 

これも20回はいってる。 

 

マイケルダグラスとアンディガルシア、やっぱカッコいいわ。

 

松田優作がこれまたいい。 

 

 

ぬるめの燗じゃなくハイボール飲んだ。

 



 
     

     
 
祝!初マイカー出勤

皆さんこんにちは。

 

このあいだの夕陽の日記にも書いたけど、10何年か前には裏のマンションに住んいて、娘たちは暗い裏道を下って30分ほどかけて小学校に通ってた。

 

いま思うとあの道ちょっと怖いぞ。 

 

よくあんな道歩かせたな。

 

 

昨日のような事件や、防ぎようのない交通事故が起こるたび、いままで娘たちがどんなことにも巻き込まれることなくここまでこれたことが奇跡のように感じる。

 

 

はてしない昔、和泉多摩川で大学の同級生たちとたむろしていて、登戸から南武線に乗って尻手にある大きな工場へバイトに行ってた。 

 

登戸でもよく飲んだ。 

 

あそこであんな悲惨なことが起こるなんて・・。

 

親御さんやご遺族のこと思うと涙出るわ。 

 

・・・・・・・・・・・・・、

 

話は大きく変わって・・・、

 

昨日まで野々市で研修をしていた二女に辞令がでて、今日からは自分のクルマで七尾市内の事業所に通うことになった。

 

二女のクルマは真ん中、トヨタ・パッソ。

 

さっき「初マイカー出勤おめでとう」とラインをしたら「ありがとう!」と返信が来た。 

 

本当におめでとう。

 

気を付けて運転して、キープレフトと一時停止だけは最低限心掛けて、車庫入れだって慣れてきたもんな。

 

だいじょうぶだ。

 

心配ない。

 

 

さ、行っといで。 

 

 



 
     

     
 
遠くの福も招き猫

皆さんこんにちは。

 

一週間ほど前、夜中に夢を見て1時に起きた。

 

なんだ?あの夢・・、 

 

数年前に亡くなった同級生が小学生の姿で現れていて、続きを見たくてもういちど布団にもぐったけどダメだった。

 

もう一回見てぇな。

 

 

その二日後、こんどはひどく恐ろしい夢をみた。身内が交通事故にあって、聞くと池袋の交差点で87歳が運転するクルマにはねられたって。

 

「あのご主人ってオレだったんか」

 

真夜中に冷や汗かいて飛び起きて、夢でよかったと思いつつもういちど寝たら続きをみた。

 

うまくいかねぇな。

 

・・・・・・・・、

 

大阪の超ご常連さまから頂戴した置き物がこれ。

 

『遠くの福も招き猫』 

 

招く手が長~い。

 

ちぎり和紙でできてるんよ。

 

竹久夢二の黒船屋の足元に置いた。

 

遠くの福も近くの福もいっぱい集めてお客さまにあげて。

 

それとおれには・・、わるい夢みないようにして。 

 



 
     

     
 
昨日のおはなし その2

皆さんこんにちは。

 

今日二度目の日記です。話が旬のうちに書かなきゃならないですからね。

 

昨日の15時30分過ぎ、男性のお一人旅の方が徒歩でご到着になられました。

 

埼玉の岡田さま。

 

お背が高くてらして大層オトコ前で、大きなリュックサックを背負って笑顔でチェックイン。

 

何より驚いたのはそのお顔や御々足の日焼けの度合いで、単なる日焼けとは言えないような見事な黒さでした。

 

「あの・・、お歩きでしたですか?」

 

「今日は羽咋からずっと歩いて能登島の向こう側行って、38キロでした」

 

「さんじゅうはち・・、明日は?」

 

「南下して雨晴通って富山を数日かけて歩いて新潟へ抜けます」

 

伺うと、3月に九州から始めた徒歩の旅で、このあと北上して最終的には8月に北海道で旅を終えるとのこと。

 

ごゆっくりなさっていただいて今朝・・、

 

「あの奥さまは? 」

 

「埼玉の自宅にいます。こんどは女房と泊まりにきます」

 

「休み休みじゃなくずっとお歩きになるんですね」

 

「これがやりたくて15年してた仕事辞めたんですよ」

 

「はぁ・・」

 

「あ、昨日の北陸中日新聞に私の記事でてます」

 

それがこれ。 

 

 

記事を読むと、いままでも奥さまと一緒に日本百名山のうち八十座を制覇していること、38歳のときに友人を亡くし、そのときに生きているうちにやりたいことをする人生を送りたいと考えたこと。

 

そして近い将来は北アルプスの縦走をして、そして山に関わる仕事に就きたいと考えているとのことでした。

 

北アルプスの縦走、そして山に関わる仕事、信州大町ですね。

 

ほとんどはテントで寝泊まりなさるようだけど、何日かに一回は宿泊施設にお泊まりになるらしく・・、

 

 

うちを選んで下さいましたこと心から光栄に存じます。

 

いまごろ雨晴から立山連峰がご覧になられますか? 

 

あと3ヶ月、途方もない距離をお歩きになっての旅、どうかトラブルや危険がありませんこと、ご無事に北海道にお着きになられての日本列島縦断が完遂されますようお祈り申し上げます。

 

・・・・・・・・・・・・・、

 

すげぇなぁ。

 

おれ何を思ったか前にいちど光陽台から歩いたことある。

 

午前中仕事にならんかったし、翌日死にそうに足痛かった。 

 



 
     

12345678910

ブログ一覧 >> 2019年05月 の記事 (24件)