トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(19年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で19年間毎日書いてます(^^)。

     
 
新しい元号、畳の表替えと、それから・・。

皆さんこんにちは。

 

まずは東邦高校さん、優勝おめでとうございます。

 

平成元年のセンバツで優勝して、平成31年にまた30年ぶりの優勝。

 

思い描いた夢のとおりになりましたね。

 

夏も愛知県予選を勝ち抜いてください。

 

でもそのとき優勝するは我が星稜だからね。(しつこいね、俺も) 

 

・・・・・・・・・・、

 

新しい元号の評判が大層よろしいんだそうで・・、

 

ワタシの場合は聞いた途端に胸に落ちました。

 

令月って言葉あるし、凛とした響きがきれいで、殆どだれも予想しなかった令和、あれ考えた人すごい。

 

偶然なんだけど信州大町に「令(れい)」という名前の叔母がいる。

 

それとむかし景水で婚礼担当してたとき、席次表のご媒酌人の奥さまのお名前の横に「ご媒酌令夫人」って書いたし、他にも「ご令嬢」とかあるし・・、

 

この文字のイメージ、ワタシのなかでは気高いかんじでかなり良かったな。

 

野党の一部が義務感からか難癖をつけてるけど、すぐに立ち消えになるね。

 

令和・・・、

 

皇太子さまと雅子妃殿下に良くお似合いです。

 

良い時代になるといいですね。

 

・・・・・・・・・、 

 十番館はあす休館します。

 

この日に業者さんがきてくれて畳の表替え、和室全室一気にやっちゃいます。

 

パートさんたちは10時に出社して全員で畳のカラ拭き。

 

夕方までかかるかな。 

 

労をねぎらって昼は旨いうどんつくってあげる予定。

 

おかわりアリだよ。

 

皆さん頑張ってね。 

 

・・・・・・・・・、

 

うちの二女は昨日が初出勤、朝7:00の特急かがり火に乗って野々市に行きました。

 

ワタシが駅まで送ったんだけど、緊張してたのか家にスマホを忘れて、ぶっ飛ばして戻って届けたのが特急発車のベルが終わるころ、俺じゃなかったら間に合わんかったぞ。

 

夜21:30にうちに帰ってきました。

 

このあと2ヶ月間研修が続いて、しっかりしぼられたあと七尾に配属、大きな一歩を踏み出しました。

 

二女は入社式で「新入社員総代の言葉」の指名をうけて、総務部から挨拶文の雛形を渡されてはいたんだけど、せっかく新しい元号になったんだからと自分の言葉に作り替えたんだそうです。

 

長女は大学入学で総代の言葉を読んだし、うちの娘たちはよく指名される。

 

おれそんなことやったことねぇぞ。

 

・・・・・・・・・、

 

桜は来週、暖かな毎日になるらしいですよ。