トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(19年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で19年間毎日書いてます(^^)。

     
 
お酒はぬるめの燗がいぃ~~♪

皆さんこんにちは。

 

高倉健主演の映画「駅・Station」が封切られたのは1981年、26歳のときだった。

 

仕事サボって映画館いった。

 

胸をわしづかみにされるほど感動して、そのあとVHSのビデオを買ってそれこそ擦り切れるくらい観た。

 

PCの時代になってからはウェブサイトで観てるけど、もうかれこれ100回くらい観たんじゃないかな、この30数年。

 

降籏康男監督が亡くなってしまって、映画いっぱい観たし、特に高倉健とのタッグがいっぱいあって、「夜叉」「鉄道員」「あなたへ」等々何度も観た。

 

高倉健ではないけど2017年の『追憶」もむちゃくちゃ感動した。

 

 

特にこの「駅・Station」は若いころの感覚と、40代50代になってのそれが年をとるごとにかわってくる。

 

これ有名な場面で、いま「舟歌」が流れてるわけで・・、

  

 

 

これは辞表を胸に札幌に帰ろうか、それとも刑事としての自分を取り戻すため増毛に戻るか数秒逡巡してるところ・・、

 

デッキに足をかけた、このたった数秒間に観客は三上刑事の胸の内を推し測るわけだ。

 

 

第一部で朗読された円谷選手の遺書の言葉もぐっと迫ってきたな。

 

父上様、母上様、三日とろろ美味しゅうございました。干し柿、餅も美味しゆうございました。

敏雄兄、姉上様、おすし美味しゅうございました。

克美兄、姉上様、ブドウ酒とリンゴ美味しゅうございました。

 

 

 

昨夜ウェブで高倉健観た。

 

だけど何を思ったか「ブラックレイン」にした。 

 

これも20回はいってる。 

 

マイケルダグラスとアンディガルシア、やっぱカッコいいわ。

 

松田優作がこれまたいい。 

 

 

ぬるめの燗じゃなくハイボール飲んだ。