トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(19年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で19年間毎日書いてます(^^)。

     
 
栃乃洋関引退。

皆さんこんにちは。

 

七尾市出身の元関脇・栃乃洋関が引退を表明しました。

いけ!ぶちかましだっ!

 

 

和倉温泉の隣町、夏の奉燈祭で有名な石崎町の生まれです。

 

地元の香島中学から七尾商業高校に進んで、そして拓殖大学時代には学生横綱になりました。

 

幕下付け出しでデビューして関脇まで昇進。

 

全盛期の貴乃花にも勝ったことがあるんですよ。

 

すごいすごい。

 

地元のヒーローです。

 

応援してました。

 

栃乃洋関と同期のライバルで、金沢出身の出島(大鳴戸親方)が大関になってからは、地元の新聞も出島の扱いのほうが大きかったんだけど、ワタシは「オレは七尾市民だ。栃乃洋を応援する」って、ずっと気にしてました。

 

うちの従業員の本多も常々「栃乃洋・・、中学と高校、両方オレといっしょなんですよ。大先輩です!」って言ってました。

 

 

今後は年寄・竹繩を襲名、親方として後進の指導にあたるとのこと。

 

永いあいだ本当にお疲れさまでした。

 

 

さて・・、これはきっと近いうちに集まりがありますね。

 

「引退祝い」なのか「年寄襲名披露」なのか。

 

会場は石崎公民館や香島中学体育館ってわけにはいかないだろうから、候補としては和倉温泉のどこかの旅館になりますよね。

 

やっぱ加賀屋さまかな。

 

寿苑さまの可能性も高いぞ。

 

でっかいコンベンションがあるから、あえの風さまかも。

きっと春日野部屋の他のお相撲さんたちもきますね。 

 

いつかなぁ・・。楽しみだなぁ・・。

 

「楽しみだなぁ・・って、いとーさん招待されないでしょ」

 

「はい・・」