トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(19年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で19年間毎日書いてます(^^)。

ブログ一覧 >> 全ての記事 (2017件)

     
 
遠くの福も招き猫

皆さんこんにちは。

 

一週間ほど前、夜中に夢を見て1時に起きた。

 

なんだ?あの夢・・、 

 

数年前に亡くなった同級生が小学生の姿で現れていて、続きを見たくてもういちど布団にもぐったけどダメだった。

 

もう一回見てぇな。

 

 

その二日後、こんどはひどく恐ろしい夢をみた。身内が交通事故にあって、聞くと池袋の交差点で87歳が運転するクルマにはねられたって。

 

「あのご主人ってオレだったんか」

 

真夜中に冷や汗かいて飛び起きて、夢でよかったと思いつつもういちど寝たら続きをみた。

 

うまくいかねぇな。

 

・・・・・・・・、

 

大阪の超ご常連さまから頂戴した置き物がこれ。

 

『遠くの福も招き猫』 

 

招く手が長~い。

 

ちぎり和紙でできてるんよ。

 

竹久夢二の黒船屋の足元に置いた。

 

遠くの福も近くの福もいっぱい集めてお客さまにあげて。

 

それとおれには・・、わるい夢みないようにして。 

 



 
     

     
 
昨日のおはなし その2

皆さんこんにちは。

 

今日二度目の日記です。話が旬のうちに書かなきゃならないですからね。

 

昨日の15時30分過ぎ、男性のお一人旅の方が徒歩でご到着になられました。

 

埼玉の岡田さま。

 

お背が高くてらして大層オトコ前で、大きなリュックサックを背負って笑顔でチェックイン。

 

何より驚いたのはそのお顔や御々足の日焼けの度合いで、単なる日焼けとは言えないような見事な黒さでした。

 

「あの・・、お歩きでしたですか?」

 

「今日は羽咋からずっと歩いて能登島の向こう側行って、38キロでした」

 

「さんじゅうはち・・、明日は?」

 

「南下して雨晴通って富山を数日かけて歩いて新潟へ抜けます」

 

伺うと、3月に九州から始めた徒歩の旅で、このあと北上して最終的には8月に北海道で旅を終えるとのこと。

 

ごゆっくりなさっていただいて今朝・・、

 

「あの奥さまは? 」

 

「埼玉の自宅にいます。こんどは女房と泊まりにきます」

 

「休み休みじゃなくずっとお歩きになるんですね」

 

「これがやりたくて15年してた仕事辞めたんですよ」

 

「はぁ・・」

 

「あ、昨日の北陸中日新聞に私の記事でてます」

 

それがこれ。 

 

 

記事を読むと、いままでも奥さまと一緒に日本百名山のうち八十座を制覇していること、38歳のときに友人を亡くし、そのときに生きているうちにやりたいことをする人生を送りたいと考えたこと。

 

そして近い将来は北アルプスの縦走をして、そして山に関わる仕事に就きたいと考えているとのことでした。

 

北アルプスの縦走、そして山に関わる仕事、信州大町ですね。

 

ほとんどはテントで寝泊まりなさるようだけど、何日かに一回は宿泊施設にお泊まりになるらしく・・、

 

 

うちを選んで下さいましたこと心から光栄に存じます。

 

いまごろ雨晴から立山連峰がご覧になられますか? 

 

あと3ヶ月、途方もない距離をお歩きになっての旅、どうかトラブルや危険がありませんこと、ご無事に北海道にお着きになられての日本列島縦断が完遂されますようお祈り申し上げます。

 

・・・・・・・・・・・・・、

 

すげぇなぁ。

 

おれ何を思ったか前にいちど光陽台から歩いたことある。

 

午前中仕事にならんかったし、翌日死にそうに足痛かった。 

 



 
     

     
 
屋上へ駆け上がって・・。

皆さんこんにちは。

 

12年前までワタシは十番館のうしろのマンションに住んでました。

 

南西に向いた8階の部屋で眺めがよくて、季節としては今頃から夏にかけ・・、 

 

「パパ!夕陽!・・、でっかくて真っ赤!」

 

二人の娘の声に誘われてベランダに出て、ハイボール缶を片手にして眺めたものでした。

 

「きれいだな。赤い帯、こっちにきてる」

 

「パパまたあれ言わんが?」

 

「これ見るだけでもこっちにいる価値があるな」

 

「それそれ・・」

 

 

ワタシ信州大町ですからね、すぐ西側に3000mの北アルプスが屏風のように聳えてるから、夕陽はかなりあっさりと隠れてしまうし・・、

 

 

そのあと和倉の隣町、光陽台に自宅を構えたとき、娘たちは引っ越すにあたって・・、

 

「今度のおうち海見える?・・、夕陽見える?」

 

「海はな、ちょっと見える。のと楽とアルファワンのあいだにちょっと」

 

「夕陽は?」 

 

「夕陽はムリだよ。うち東向いとるもん」

 

「え゛~~ やだぁ」 

 

 「ならお前だけここに残れば?」

 

「・・・・・・・」 

 

 

 

昨日の夕陽、見事なものでした。

 

一昨日の反省を生かして5階じゃなく、その上の屋上からパチリ。

ゆらゆら揺れてゆっくり沈んでいきました。 



 
     

     
 
炎鵬ぉ~~

皆さんこんにちは。

 

168センチで公称99キロって言ってるけどそんなにはないと思う。

 

9日目を終わって7勝2敗でしたからね、もうこれで新入幕での勝ち越しは間違いないと思ってたんですよね・・、

 

そしたらそこから5連敗で、とうとう7勝7敗の五分になって今日千秋楽。

 

相手は11枚目の松鳳山でこちらも7勝7敗。

 

炎鵬がんばれぃ! 

 

石川県民は応援してるぞ。

 



 
     

     
 
今日はあっちぃぞ。

皆さんこんにちは。

 

予報通りといえばそうなんだけど、七尾の気温が32℃いきました。

 

あっちぃわ。

 

まだ5月だからね、心の準備できてない。

 

そんな今日なんだけど、SSTRというバイクのイベントがおこなわれてます。

 

冒険家の風間深志さんが提唱して2013年に始まったもので今回で7年目になるんだそう。

 

写真は公式HPから拝借。

 

SSTRとは「サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー」のことで、全国各地からライダーさんたちが千里浜ドライブウェイに設けられたゴールを目指すというもの、今年はバイクが3000台以上になるんだって。

 

開催要項のなかのルールを見たら、出発時に太平洋・瀬戸内海・東シナ海から昇る朝陽を確認してスタート、あとはひた走って日没までにゴールする・・と。

 

それでサンライズ・サンセットか。

 

だけど東シナ海って、九州から? 長崎とか佐賀の人もおるん?

 

西の県って日の出おそいでしょ。日没までに石川県に来られるん? 

 

大変だ。

 

 

大変話2つ目・・、

 

さっき仁八さんがきて、15時からライダーさんのためにカニ鍋を作ってふるまうんだって言ってた。

 

32℃の炎天下でカニ鍋・・、

 

えらいこっちゃ。

 

仁八さん頑張って。 

 

 

大変話3つ目・・、

 

明日は和倉小学校の運動会。

 

十番館の佐渡谷くんのお嬢さんが新一年生で、佐渡谷くんも参加・・、

 

「暑いぞ・・」

 

「やばいっスかね」

 

「帽子かぶって水分獲って・・」

 

「はい」 

 

「ビールはダメだぞ。おれがPTA会長のときに禁止にしたからな」

 

「マジっすか・・」

 

「奥さんに言ってさ、お昼ご飯さ、チゲ鍋にしてもらえば?」

 

「チゲ・・・、死にます・・」 

 

 

 



 
     

ブログ一覧 >> 全ての記事 (2017件)