トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

支配人日記(19年目です。笑顔同封!)

十番館のこと、そしてワタシのまわりの出来事などを事実9割・脚色1割で19年間毎日書いてます(^^)。

ブログ一覧 >> 全ての記事 (2036件)

     
 
週末が良い天気になりましたよ!

皆さんこんにちは。

 

先週まで毎週末が寒波でしたよね。

でも今日は暖かい金曜日になってます。

 

これ・・、いつもの定点観測、2月24日の十番館前、7:40。

 

金波荘の向こうの空、雲がちぎれて青空が見えてきました。

今日は9℃まで上がる予報になってます。

良いお天気の週末になりました。

 

皆さん、よかったですね!

 



 
     

     
 
友紀 運転免許に挑む。

皆さんこんにちは。

 

友紀は今週末から自動車学校に入校します。

 

「ねぇパパ、友紀免許取れるかな」

 

「なんで?誰だって取ってとるがいね」

 

「うん・・、でも友紀、友だちから免許に向いとらん・・って言われてん」

 

「あんなもん取れる。ママだって持っとるんやから」

 

そこで家内が・・、

 

「オートマやろ?遊園地のゴーカートと一緒やわ」

 

「ペーパードライバーのママに言われたくない!」

 

・・・。

 

「仮免取ったらパパのマークⅡ貸してやるから」

 

「やーわ、あんなでっかいクルマ」

 

「高速講習もあるんやろ?」

 

「わからんけど、友紀ぜったいムリ。100キロも出せん」

 

「べつに・・、そんなに出さんでもいいげんよ」

 

このあと「はぁ~、免許」と、ため息混じりに毛布を被って丸まりました。

 

・・、七尾自動車学校の先生の皆様。

 

うちの娘、よろしくお願い致します。

 



 
     

     
 
炭焼きおじさんだ。

皆さんこんにちは。

これ昨晩のワタシのお仕事です。

焼きガニのための炭おこし。

バーナーでばちばち、火の粉が威勢良く飛び散ってます。

 

先週の土曜日は、焼きガニのご注文が多くって、ダイニングのパントリーでこれをやり続けたら、パントリーのなかに炭の匂いが充満してウェイトレスたちから顰蹙をかいました。

 

「支配人、今度から外でやってください!(怒)」

 

「う・・・、そーする(汗)」

 

だからこれ、外でやってます。

一人淋しくやってます。

焼きガニのご注文が3組さまだったから炭のコンロも三つ。

一人で外に10分くらい居ました。

 

「支配人!まだですかぁ?」

「もうちょっとで2個できる。3個目誰か代わってくれ。寒いし・・」

「支配人やってください」

「ちぇっ・・」

 

「焼きガニをおいしく召し上がっていただくためだ・・」と、

 

炭焼きおじさんのひとりごと。



 
     

     
 
今朝の七尾湾はこんなでございますのよ。

皆さんこんにちは。

 今週は暖かい日が続いてますね。今日も8℃の予想です。

今朝の能登半島はキレイに晴れ上がりました。

これ、さっき501号室の窓から撮ったやつ。

 

青い空と青い海です。

こんな景色になるの久しぶりだ。

今日はもちろん雪の心配もありませんからね。

よかったよかった。めでたいめでたい。



 
     

     
 
昨日のニュースから。

皆さんこんにちは。

昨日最高裁で極めて正しい判決が下されました。

あの事件が起きたとき、ワタシの二人の娘は6才と2才で、遠く離れた山口県で起きた事件だったんだけど、もしもオレの家族が・・と想像して怒り狂いました。またその後の裁判で当初無期懲役の判決がでたときには「ふざけるな!」って思ったし、遺族の本村さんの言動にもずっと注目してきました。

 

当たり前の判断がなされてやっとひと区切り。

 

 ・・・、それにしても差し戻し控訴審からのあの弁護団は・・・。

有名な死刑廃止論者を数多く集めて、ただ死刑回避だけのためにそれまで認めてきた殺意や動機などを一切否認して、二審までとはまったく違う新供述を用いて争いました。

母胎回帰だことの、どらえもんの四次元ポケットだことの、荒唐無稽な法廷戦略を繰り広げて広く世論の反感を買って、結局は裁判官の心象を悪くして、そして被告には反省が見られないという裁判所の結論に結びついて、最終的に被告を死刑に追い込みました。

差し戻し審以降の流れをみていると、被告はあの弁護団の死刑判決回避ゲームの道具に使われて、結果的に生贄にされたように感じます。

あの被告の新供述だって、ワタシきっと弁護団の作文だと思うんだけど違いますかね。百歩譲ってあれが本当に被告人から新たに出た供述だったとしても、そこは「バカなことを言うんじゃない」と諌めるのが弁護人の仕事なんじゃないかなぁ。

あんな弁護活動をしなかったら、もしかしたら判決は違ったものになったかもしれないって思うんですよ。

それはそれで到底納得できないけど。

あの人たちってこれからも弁護活動をするんでしょ。

だったら今回の責任を明らかにする必要があるんじゃないですか。



 
     

ブログ一覧 >> 全ての記事 (2036件)