トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

ヴァレスティのウイニングポスト8で生産した馬をダラダラさらすブログ

ウイニングポスト8で生産した馬の血統表を不定期でダラダラさらすブログです。  稲妻配合を中心に、どマイナーな血統の種牡馬の産駒・子孫をコッソリ紹介します。 なお、対戦パスは取ってないため公表しません。

     
 
プチ とは

ウイニングポスト9のプチ情報が続々と公表されますが

自分的には 情報が薄いなぁと思ってしまいました。

 さすがにプチだなと…

しかし中には少し疑問に思うところもあったので書きます。

 

 

 まずは予約特典のスーパーホース2頭。

 エールプティオーとウラカーン

エールプティオーは父フジヤマケンザンの スーパーホースで

ウラカーンは父トーヨーリファールのスーパーホース。

エールプティオーの血統表が公表されてましたけど

フジヤマケンザンの所に欧州適性マークが付いてました。

トーヨーリファールには米国適性マーク。

これはフジヤマケンザンとトーヨーリファール共に実在馬なので

多分固定なんだと思いますが

これって後天的に付くのかなと少し疑問に思いました。

 

 

あとは『最優秀ライバル対決』

文章の中に『割って入ることができる』

とあります。

割ってはいるのはいいですけど

それって架空期間でも続くのかと思いました。

自分はウイニングポスト自体

架空期間を楽しむものだと思ってます。

史実期間が実装されて以来

架空期間の内容が薄いと思ってました。

多分架空期間でもあると思うんですが

コースポの様に固定文章の使い回しなんでしょうかね。

固定文章はうんと多くしないとバリエーションが少なくて飽きてしまうので

バリエーションの豊富さに期待します。

 

今回はそこらへんですかね。 

個人的にはしょーもないなーと思ってしまった内容でした。