トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

ヴァレスティのウイニングポスト8で生産した馬をダラダラさらすブログ

ウイニングポスト8で生産した馬の血統表を不定期でダラダラさらすブログです。  稲妻配合を中心に、どマイナーな血統の種牡馬の産駒・子孫をコッソリ紹介します。 なお、対戦パスは取ってないため公表しません。

ブログ一覧 >> 2019年06月 の記事 (1件)

     
 
Twitterで呟いたニックスのこと

以前にTwitterで呟いた事なんですが

「ニックスは馬一頭一頭持つ』

みたいなこと言ったかと思いますが

細かく書いてみようと思います。

 

簡単な事なんですよ。

今現行のニックスは

『ノーザンダンサー系×トムフール系』

の様に決まった系統同士の配合で成立します。

 それを馬一頭に持たせようと言う考えです。

 

例えば

ダイワスカーレットの配合とデュランダルの配合を例にとって見てみましょう。

見るのは父と母父なんですが

デュランダルはサンデー×ノーザンテースト牝馬の配合です。

ここでサンデーとノーザンテーストにはニックス関係があるとします。

サンデーは父の位置にいます。

ノーザンテーストは母父の位置にいます。

 今までなら系統の繋がりなので

『サンデーサイレンス系×ノーザンテースト系』のニックスが系統が滅びない限り永遠に成立します。

 そこを少し変えて

ダイワスカーレットの配合の様に父がアグネスタキオンになったら

サンデーサイレンスは父父の位置に下がるわけです。

下がった分だけ効果が薄れるというわけです。

母父も同じで父がアンバーシャダイだったら

母父がメジロライアンだったらとノーザンテーストの位置が下がるほど効果も薄まると。

それでノーザンテーストがアグネスタキオンとサンデーサイレンス両方相性が良かった場合効果も高まる

 その逆もありで

サンデー父で母父がメジロライアンだったとします。

ノーザンテースト-アンバーシャダイ-メジロライアンとすべて相性が良かった場合

これも3つ相性が良いために効果は高くなる。

つまり血統表の近いところにいればニックスの効果は高い

代が進むにつれて薄れる

馬個々が相性を持っているので血統表のいろんな馬との相性が成立する。

 

ってのはどうなのかなと思ったりしたんですけどね。

もう他の馬ゲーなどで出てしまってたりしてるのかな…

まあ、こんな感じです。