トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

バイクとジョギング5キロ

趣味のこと 特に バイク、ジョギング、低山登山、写真、オーディオ そしてちょっと健康について

ブログ一覧 >> 2019年05月01日 の記事 (2件)

     
 
時代の節目で感じたこと

1989(昭和64)年1月7日昭和天皇が崩御されました。

そして翌8日から平成が始まりました。

当時の新聞を見ると、7日付けで

天皇崩御

と大きな見出しがあり、翌8日は

平成元年幕開く

とあります。

 

当時を30代半ばで迎えた自身として昭和天皇がお亡くなりになって、その結果新しい時代が幕を開けたことで単純に喜んでいる状況ではなかった気がします。

 

そして今

令和の時を迎え喜びだけの新時代が幕を開けました。

 

娘には

この新聞も保存するのか聞かれましたが

次の節目を見ることはできないだろうし要らないかな

と答えました。

 

令和の始まりに際して昭和の半ばに生まれ、昭和から平成、平成から令和の節目を体験した自身の感想です。

 

つくづく

”日本人でよかった”

”この時代に生きてよかった”

と感じます。 

添付画像
添付画像


 
     

     
 
集団で走行することについて

今回、能登ツーリングには30台余りが参加したようです。

この台数の集団がまとまって走ると100メートルを優に超える長さになります。

そうなると当然信号待ちなどにかかり、列が途切れることになりますが、列の先頭と中ほど、後方にトランシーバーを装備しており、先頭は集団が途切れると道路が広くなっている部分で後続車を待ち、なるべく真ん中に車が入ったり途切れ途切れとならないように走っているようでした。

(集団の中に車が入るとその車が威圧感を受けるということが理由かな)

 

また、参加者は自分を含め高齢者?も多く、服装、ヘルメットはきちんとしたものを着用しておりましたし、不法に改造されたバイクは参加できません。

 

自分としては他の交通に迷惑となったり威圧感を与えないように気を配ることが集団で走る心得と思って走っていますし、今回のツーリングメンバーもそのように心掛けているように感じました。

 

しかし、一般には爆音、改造、半ヘルなどのバイクもおります。

 

バイクを所有すること、バイクに乗ることは趣味ではありますが、不法に改造されたバイク、無謀な運転を見ると心が痛みますね。 

添付画像