トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

バイクとジョギング5キロ

趣味のこと 特に バイク、ジョギング、低山登山、写真、オーディオ そしてちょっと健康について

ブログ一覧 >> 2019年07月 の記事 (7件)

12345678910
     
 
天生峠(読み方:あもうとうげ)

この道路(国道360号)は自分がこれまで通った中で

紅葉がきれいベスト10

に入ります。

始めて通ったのは今から30年余り前のことでしたが紅葉の時期に通って感動しました。

当初、”てんしょうとうげ”と思い込んでいましたが間違いでした。

 

前置きが長くなりましたが 、17日にこの峠頂上の駐車場に車を止めて

天生湿原

に行ってきました。

先日”池之原湿原”に行ったばかりでしたがこの帰り道にここを通り、前から車がいっぱい止まっていることもあり多少気になっていたところでした。

 

いざ入山という矢先、入り口には期間限定で環境保全のため料金徴収の小屋が・・・

(喜んで?)協力金一人500円を納め、万歩計をリセットし時計を確認し出発。

 

結論

お金を出しただけの価値がありました。

ここも木道が整備され湿原をぐるっと一周できるようになっています。

時折青空がのぞくといった天気でしたが暑くもなくとてもいい所でした。

湿原一周で駐車場までは一時間余り。ちょうどいい運動になります。

 

が、今回時間の制限もあり湿原一周で戻りましたが、本来はそこからが本番。

先に進むと沼、大木、ブナ林などいろいろな見どころがあり、さらに先には

籾糠山があります。

この下には東海北陸自動車道の「飛騨トンネル」が通っている場所で、トンネル工事は”モミ”や”ヌカ”でてきている山と言われるくらい軟らかい地盤らしく困難を極めたとか。

 

近く行ってきます。

駐車場から往復5時間と案内板にありましたので10時ころに出発予定とし挑戦です。

せっかくカテゴリーに登山とあるのに最近とんとご無沙汰でしたが、ちょっとの目標ができました。

もう一つ岐阜県の高賀山も行こうと思います。

いずれにしても行ったらアップしますよ。

 

そんなこと宣言して大丈夫なの?(心の声) 

 

 

添付画像
添付画像

添付画像


 
     

     
 
夏を前にして 注意報!

まだ梅雨真っ只中。

 

毎日ジメジメした天気が続くと「早く夏にならないか」と思わないでもないですが、あの暑いことを思うと個人的には今が過ごしやすい気がしています(あくまで個人的な感想です)。

 

先日、花壇の草むしりをしていたのですが、しばらく作業をして立つと

フラっとめまいが

立ち眩みだ、いつものこととさほど気にすることなく草むしり続行、で立つとまたフラっ。

 

そのうち作業時間が短くても立つ度に”めまい”が

 草むしりは終わり

と家へ入り一応”めまい”とか”立ち眩み”を調べてみました。

 

脳の酸欠がその原因とありましたが、そのなかで”熱中症”と書かれたものも

 

 ヤバい。症状が似ている。

 

ぜんぜん暑い日ではなく、作業中もさほど汗をかいたわけでなく、自分としては全く認識しておりませんでした。

 

 自覚がない、暑い日にかかるとは限らない。

ということで

 熱中症注意予報

です。

 

あの暑い中、マラソンも完走しているのに涼しい日で熱中症とは

トホホと感じた貴重な経験でした。 



 
     

     
 
一生モノのバイク?

これが最後のバイク。

これまでいっぱいのバイクに乗り換え

最後の最後に”一生モノ”とこれを選んだ。

 見栄えいい

 馬力いっぱい

 でかい

 究極のミエ張れる

現実、旅先で止めておいてもおやじ方々から声をかけられた。

内心

 ミエミエ、ヨシヨシ

と意味不明な優越感に浸ったりして。

 

ですが、先日売っちゃいました。

 

何の話か説明しますと

先日までそんなバイクを持っていました。

ホンダのフラッグシップ

 エンジンは水平対向で6気筒

 ”下から上まであふれる力、振動もなくシュワーンと回る” 

 車体はでかくでかく

 車重は350キロ

そうです。いわゆるゴールドウイング

と呼ばれるタイプでした。

 

そんなのあればそれでいいじゃん

でしたが無理でした。

重すぎたのです。

ある日不注意により立ちごけしましたが

全く起こせませんでした。

幸いまわりに大勢のツーリング仲間がおり手伝ってもらいましたが

今でさえ起こせないのにこの先体力が増すわけでなく、足腰が衰えてコケる可能性がますますふえる。

 

車庫から出すのでさえ倒しそうになりマイカーにぶつけそうになったりで

女房からは「私の車にだけはぶつけないで」と厳しく言われるし。 

 

だんだんと乗りたい気持ちが萎えてしまい、人に迷惑をかける前にと手離しました。

 

まあいつもながら無駄なエネルギーを使ってしまったと、いつもながらの”サルでもできる”反省はしました。

 

が、今は見栄を捨て、体力、経済力とも自分に合ったバイク”NC700X”に巡り合い満足しているので

 これでヨシッ

とします。

 

 

ほかにも何台かあるし。

 

エッ何言うとる。 

添付画像


 
     

     
 
ツーリングして思ったこと(バイク編)

先の画像にもありますが今回のツーリングで自分が乗っていったバイク

ホンダ NC700X

という機種ですが、はっきり言って地味です。

特に今回のようにハーレーやBMWなど外車がいっぱいいる中にいると、灰色で地味なデザインの自分のバイクは目につかないかも知れません。

  分厚いステーキや新鮮な海鮮物が並んでいる中の肉じゃがみたい

の例えが適当か(いや、おかしい気もする)。 

 

ですが、これが乗りやすいのです。

 エンジンの馬力はない

 スタイルは洗練さているとは言い難い 

 アルミフレームやカーボン外装は無く質感は低い

という僅かなネガ(僅か?)はあるものの

 普通に走るそれなりの馬力はある

 壊れない(構造が単純)

 超燃費いい(今回リッター35キロ)

と、いわゆる質実剛健的なので、見栄さえ張らなければ所有して不満の少ないいいバイクと思いますし、今の自分の体力、環境ではこの辺りが適当だと思います。

 

が、

 

 

 

添付画像


 
     

     
 
久しぶりのツーリング

明日こそツーリングに行く

と何度も思ってはいたのですが諸般の事情により(大したことではない)

ずっと中断しておりました。

が、7日はバイク店主催のツーリングに参加しました。

 

昨年開通した小松、勝山を結ぶ国道416号を通り越前海岸を走るというコース。

何とか天気ももち、曇ってはいましたが暑くもなく寒くもなくちょうどいい日和でした。

 

今回も石川、富山、福井から数十台が集まり整然と列を作り走行しました。

自分はただついてゆくだけで、コースを選択するわけでもなく車間を詰めないで開けないで前車に合わせて走っていました。

そんな走りでもお久のツーリングでしたから楽しかったです。

 

単独参加でしたが、何度か参加しているうちに少しずつ顔を覚えてきましたし、さほど気を使うことなく走っていました。

 

今回は女性参加者が多かったですね。5、6人いたでしょうか。

大型、中型など、それぞれ自前のバイク(多分)で列に交じって走っている姿はとても素敵で輝いて見えました。

 

今回はさほどの?トラブルもなく皆さん無事に帰宅したと思います。

260キロほど走りました。

帰ってからのビールはうまかったですね。 

 

 

 

添付画像


 
     

12345678910

ブログ一覧 >> 2019年07月 の記事 (7件)