トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

バイクとジョギング5キロ

趣味のこと 特に バイク、ジョギング、低山登山、写真、オーディオ そしてちょっと健康について

     
 
大野名水マラソン(その1)

大野名水マラソン”10キロコース”行ってきました。

結果を先に言うと”何とか完走”

 

薄曇りでしたが予報どおりの気温アップ。

ゲストランナーは

 

渋井陽子さん。

 

スタートはハーフが先でそのスターターをしたとか。

自分はそのころ日陰で少しずつ水分補給をしながらダラダラと調整。

10キロのスタート前には柔軟体操や軽いダッシュなどかなり念入りにウォーミングアップ。

スタート前並んだ位置は後ろの方(前へ行ってもどんどん抜かれるし、この辺りが自分のレベルかという位置)

で、万歩計をリセットし

 

定時にスタート

 

その時に

”自分の位置からスタートラインまでどのくらいかかるのかな”

と測ってみたところ22秒。ならタイムから22秒引かなくては

などとつまらないことを考えて走り始めたところスタートライン直後に渋井陽子さんがお立ち台でハイタッチをしている。

しまった気づくのが遅れた。

ハイタッチしたつもりでいざ序盤の走り。

抜きたい人はどうぞどうぞ

のゆっくりした走りを貫く。それでも前にいるさらにペースの遅い人は追い抜く。

実は走っているときはゆっくりペースということもあってか暑さはさほど感じなかった。

しかし、後で考えるとそういうところに熱中症の影が潜んでいるかもしれないとちょっと怖い感じがしました。

 

今回は給水所では必ず水分補給しました。

走りながらコップを取り、走りながら飲んで(これが意外とむつかしい)空のコップをゴミ箱へ。

そうしているとちょっとランナーになった気分になります。

本当は立ち止まってゆっくりと水分を摂ればいいのでしょうが、そんな時間がもったいない気がして。

 

ブラスバンドの応援や沿道の声援にはできるだけこたえるようにして決してスピードを上げることなくゆっくりを貫いて走り続けた。

 

2キロを超えたところでタイムの計算。このペースなら1時間10分を切るくらいか。

まあいいっか。

折り返しから終盤で勝負だー。

と気合を込めて?ゆっくりと走っている。

 

つづく