トップ プロフィール 日記 アルバム お気に入り

バイクとジョギング5キロ

趣味のこと 特に バイク、ジョギング、低山登山、写真、オーディオ そしてちょっと健康について

カテゴリ >> 自転車 (2件)

     
 
連休はサイクリング

連休中は自転車に乗っていました。

本来はバイクでツーリング三昧のはずが

家族の白い目を気にしてどちらへも行きませんでした(トホホ)

 

ですが、その分妻とサイクリングして”平成”の時代を超えて”平静”を保っていました。

 

今回、自分の自転車は”ダホン”というメーカーの折り畳みサイクルで、一応スポーツ車です。

で、妻のほうは”パナソニック”のアシストサイクルでした。

この”アシスト”が絶大な威力を発揮し

例えば

 〇 大乗寺丘陵公園頂上駐車場への急坂

   自分 ギアを一番低くし左カーブでは立ちこぎ、ゼーゼー

   アシストさん 座ったまま、スイスイ

 〇 向かい風が強い産業道路

   自分 いっぱい漕いで汗だく、ゼーゼー

   アシストさん 風が強くて寒い、ブルブル

とか。

電池革命とはよく言ったもので(そんな言葉あるか知りませんが)自分のジョギングで鍛えた筋肉?(いやいや普通です)を特に運動もしていない女性が軽々と上回る結果を思い知らされます。

手取川の河川敷では高齢の方から

 自分は運転免許を返納しようと思っているが

 その後の足としてバイクに乗るかとも思っている

 ところで、この自転車はいかがか

と。いろいろ質問攻めにあい「おすすめですよー」と答えました。

 

添付画像
添付画像


 
     

     
 
自転車の勧め

自転車の構造は単純で部品数が少ない。

ので、しっかりしたものを選びたい。

安物を買って見えないベアリングが破損したり、フレームの溶接が破断したりそういうトラブルがないためにしっかりしたものを。

走っていて突然フレームが折れて大けがをしたというニュースもありますし。

前置きが長くなりましたが、自転車は膝や腰に体重が乗らない分体への負担が軽いです。

チョットでも手軽に乗れるし、数百メートルでも1キロでもペダルをこいで風を切って走ると爽快です。

また、スタンディングといって漕がないでその場所に停まっている練習をするだけで汗をかきます。慣れてくると数分間立っていることができます。 

また、ママチャリだとあまり感じませんが、マウンテンバイクですとおなかの余った肉がどうしても気になり、自分のぜい肉をはっきり認識することができます。

みなさん(誰?)趣味の一つに加えてみてはどうですか。

自分はたまにしか乗らず、気合を入れて走ってもせいぜいが数キロから数十キロしか走りませんが、後輩は東京から帰省したとか、ネットを見れば日本一周をしている人もたくさんおり、世間に認識されていると思います(あの逃走犯人もサイクリストに化けていましたが)。

ただ自分は走るのは遊歩道とか路側が広いところを選んでいます。

車と一緒に走るのは怖いし、ハンドルすれすれをかなりの速度で通過する車もいますし、万が一の事故や転倒を想定してヘルメットの着用は必要です。 

 

画像は小松市の木場潟公園。

一周6.4キロの快適な自転車通行可のランニング、ウォーキングコースです。歩行者の迷惑にならないようにスピードは控えて湖畔の景色を楽むには本当にいいところです。 

 

添付画像